HOME

 本事業は、ナノテクノロジーに関わる最先端の研究設備とその活用のノウハウを有する機関が、緊密に連携して全国的なナノテクノロジーの研究基盤(プラットフォーム)を構築することにより、産学官の多様な利用者による共同利用を促進し、個々の利用者に対して問題解決への最短アプローチを提供するとともに、産学官連携や異分野融合を推進することを目的とする。

NEWS

九州大学ナノテクプラットフォーム分子・物質合成プラットフォーム 概要

 国立大学法人九州大学では、分子・物質合成に関し、総合的に技術支援を行い、イノベーションにつながる研究成果の創出を目的とする。ナノテクノロジー研究の基礎を支えるのは新しい分子・物質の合成であり、またそれらを組み合わせて新しいナノ構造を構築していく技術である。これまでに蓄積された分子・物質の合成とナノ構造構築に関わる九州大学の研究資産を活用して、産官学の外部研究者の要請に応じ、有機、無機、有機・無機複合材料の合成とナノ構築、並びに機能の解析を支援する。グリーン・ライフイノベーションに資するナノテクノロジー関連分子・物質素材の新規合成開発研究を支援し、利用者による高い学術的成果を糧に、新学術領域の創成や産官学連携を通した成果の産業化を図り、長期にわたって最先端研究ニーズを満たす研究設備の性能向上・維持と絶え間ない若手研究者の育成を目的としたナノテク分子・物質合成研究拠点を形成する。このために、表面物性分析装置群、分光測定装置群、ナノ物質合成・精製支援装置群、表面ナノ形状分析装置群、ナノ構造解析装置群およびナノバイオ測定支援装置群に分類、登録したナノテク研究支援機器を用いて、九州管内を中心に、分子・物質合成に係る研究支援を行なう。

支援事業の内容

  • 装置利用:利用者が本学の装置を自ら操作して加工・分析を行う
  • 共同研究:本学のスタッフ(教授・准教授)と共にナノテク研究を行う
  • 技術代行:本学のスタッフが加工・分析を行う
  • この支援事業においては研究内容・成果を一般的に公開する事が前提となります。
  • ご利用にかかる費用は装置毎に異なります(料金表

実施責任者

  • 中嶋 直敏 (九州大学大学院工学研究院 教授)

パンフレットダウンロード

←パンフレットダウンロードはこちらから